美容と健康の両面に働いてくれる青汁のメリット

体調管理の要・目や身体に作用するサプリメントで健康になろう
栄養素がたくさん!青汁がもたらす様々な効果
目の健康を考えるならブルーベリーのサプリメントを取り入れよう

青汁の効果に迫る~効果的な摂取方法の紹介~

青汁を効果的に摂取することで体に良いことがたっぷりです。ではどのように飲み方を工夫すればよいのでしょうか。

美容以外にも豊富な効能が期待できる

生活習慣病の改善
青汁には「生活習慣病」を防ぐ働きがあります。腸内環境を高めることで体の巡りを良くすることができます。腸内環境を高めることで、体に蓄積されてはいけない老廃物を排泄させることができますし、体の巡りが良くなることで体の脂肪が燃焼されやすくなります。青汁をサプリメントとして利用することで、肥満などが原因で誘発される生活習慣病を防ぐことや、生活の悪習慣をトリートメントする効果があります。メタボリック症候群や予備群と診断された方には特におすすめです。
便秘解消
青汁には豊富な食物繊維が含まれています。特に水溶性食物繊維がお通じを促す働きを持っています。適度に水分を含んで腸内の掃除役を果たしますので、痛みや苦しみで悩んでいた方も「するんとスッキリ感」が望めるようになります。ただし、青汁はサプリメントですので即効性はありません。お通じの改善を望む場合は気長に飲み続けましょう。また、軽い運動を取り入れることも、青汁の効果をしっかり引き出す働きを担っています。
うつ病予防
青汁にはミネラルやビタミンが豊富です。ビタミンやミネラル分には自律神経を整える働きがあります。そのため、定期的に摂取することで次第に栄養バランスがとれるようになり、自律神経のトリートメントが可能となります。栄養補助食品ですので、うつ病を改善するものではありませんが、自律神経のバランスが整うことで毎日のやる気が生まれてきます。特にケールにはメラトニンが多く含まれており、体内時計のトリートメント効果があります。夜に眠りにつきにくいという場合でも、ぐっすり眠れるようになります。

青汁はもう苦くない!?~快適かつ効率的な摂取方法~

青汁は作り置きができません。そのため水筒保管などは絶対に避けましょう。フレッシュな青汁を飲みたい場合は、個包装された粉末タイプがおすすめです。水に溶かすだけなので便利です。中には「味が苦手」「作る手間が面倒」などという青汁のデメリット面が先行する方も多いようです。口の中に広がる独特の風味を感じたくないという場合は、タブレットタイプの青汁粒を選択されてはいかがでしょうか。水と一緒に飲むだけなので口の中で独特の味を感じることもありませんし、調製する手間もなく、手軽に飲むことができます。

食後30分以内が摂取のタイミング

栄養補助食品という位置付けなので「飲む時間はいつでも良い」とは言われていますが、効率的に栄養素を摂取し、体内への吸収率を高めるためには摂取のタイミングをうかがう必要があります。おすすめしているのは、食後30分以内の飲用です。特に食事の中で摂取する油分がビタミンの吸収を促す効果がありますし、青汁の効果で栄養素を吸収しやすい状態へ導いてくれる等の相乗効果が期待できます。酵素が含まれた青汁などは就寝前に飲むことで体の代謝が促されます。成分によって飲み分けをすることも良いですね。

青汁サプリメントを摂取する際の注意点

青汁を飲めば飲むほど疾患が治るということはありません。飲み過ぎは禁物です、では、どのように飲み続けるのがベストなのでしょうか。

青汁の過剰摂取が引き起こす副作用

下痢
青汁を飲み過ぎることによって、体を冷やしてしまう等の理由で下痢を引き起こすことがあります。商品によってはオリゴ糖や還元パラチノースといった甘みをつけるためのものを使用している影響でお腹がゆるくなることがあります。1日の目安量を守って飲み続けましょう。また、目安量を守っても同様の症状が出る場合は、お客様センターへ相談をするなどの対策を講じましょう。
ビタミン過剰症
「ビタミン豊富!」と謳っている青汁ですが、油に溶けやすい「脂溶性ビタミン」であるビタミンEやビタミンAは肝臓で貯蔵されるため、摂取しすぎるとビタミン過剰症と呼ばれる頭痛や吐き気などの症状を伴うことがあります。ただし、通常の食事と目安量の青汁飲用ではこのような状況に傾くことがありません。青汁を摂取する時には、マルチビタミン等のサプリメントを併用しないようにしましょう。
尿路結石
ホウレンソウなどのアクが強い野菜に含まれている「シュウ酸」はカルシウムと結合しやすく、結石の原因となります。サプリメントとして販売されている青汁の場合、シュウ酸含有量が少ない「ケール」や「明日葉」などをベースにした商品を購入するとよいでしょう。また、結石ができやすい体質の方は医師と相談をしながら青汁を飲むようにしましょう。
アレルギーの発生
青汁はあらゆる滞りを解消してくれるとして紹介されており、美肌へ導いてくれるメリットがあります。ただし、素材を加工せずに丸ごと使用しているので、アレルギーの発症が気になるところです。小麦にアレルギーがある方は「大麦若葉」等の摂取は絶対しないでください。c

医師からのワンポイントアドバイス

ワーファリンを服用している人は注意が必要です(医師)

青汁には、ビタミンKも多く含まれています。ビタミンKには、血液の凝固作用や骨質改善効果があり、特に新生児期の投与は必須とされています。成人、とりわけ中高年層の血栓症などの既往歴を持つ方で、血栓ができることを防ぐ「抗凝固薬」を服用中の方は、薬の効果を半減させてしまう恐れがあるので、注意が必要です。できれば服用を避けるべきでしょう。

腎臓病を患っている人も気をつけましょう(医師)

腎機能に問題を持っている方に対しても、青汁の飲用をおすすめすることはできません。青汁にはカリウムも多く含まれており、腎機能が低下している方に関しては、カリウムの排出がうまくいかず高カリウム血症の症状を引き起こすことがあります。症状によっては不整脈などを伴うことがあるので、腎臓の機能に何らかのトラブルを抱えている方は飲用を避けましょう。

TOPボタン