賢く摂取したい!目の健康に最適なブルーベリーのサプリメント

体調管理の要・目や身体に作用するサプリメントで健康になろう
栄養素がたくさん!青汁がもたらす様々な効果
目の健康を考えるならブルーベリーのサプリメントを取り入れよう

ブルーベリーを賢く摂取するための予備知識

サプリメント

ブルーベリーのサプリメントは疲れ目世代の私たちにぴったりです。賢く摂取するための知識をここで収集しちゃいましょう!

ブルーベリーを併せて摂りたい栄養素

βカロチン
β-カロテンには目の老化を防ぐ抗酸化作用があります。紫外線にさらされる部位で発生した活性酸素を取り除く働きがあります。また体の中でビタミンAに変換する働きも持っており、目の神経伝達物質として働く役割を持っています。またβ-カロテンを摂取することでドライアイ(乾き目)等の症状を防ぐ効果も持っています。
カシス
カシスというフルーツに含まれているアントシアニンには、目のピント合わせを良くしてくれる働きがあります。アントシアニンは色素の中に含まれる抗酸化物質です。カシスにはブルーベリーの3~4倍ものアントシアニンが含まれているので、同時に摂取することでさらに目の健康を守ることができます。
ルテイン
緑黄色野菜の中に含まれているルテインは黄色の色素です。紫外線の攻撃によって起こりうる目の酸化を防ぎます。いわば天然のサングラス効果が期待できます。また青色光(ブルーライト)を吸収する役割も担っているので、パソコンを使う世代にもってこいの成分です。
ビタミンA
ビタミンAは脂に溶けやすいビタミンです。また、皮膚や目に良いとされる成分ですが、ブルーベリーやカシスに含まれているアントシアニンと摂取することで相乗効果が生まれます。ビタミンAは「夜の見えにくさ」を改善する働きもありますので、30代過ぎに起こりうる、ぼやけやかすみが気になる方におすすめです。

ブルーベリーの成分表示を確認しましょう

目に良い成分の効能を得るために複数のサプリメントを摂取する方が見られます。それぞれにさまざまな栄養素が含まれているので、1日に必要な栄養素の過剰摂取につながる可能性があります。また、食事によって適切に栄養素が取れていれば問題ありません。ただし、目に良い成分は普段の食事だけで補うことは難しいです。成分表示を見て、目に良い成分が含まれていることを確認しましょう。成分表示を確認すれば、複数のサプリに頼らずとも済むので無駄な出費を防ぐことができます。

ブルーベリーサプリメントに関することでよく聞かれる質問集

ブルーベリーのサプリメントを飲む際に決まりなどはありますか?
サプリメントは食品の扱いですので、医薬品の服用のように決まった飲み方はありません。ただし、ジュースやアルコール等と一緒に摂取するとせっかくの「目に良い成分」の吸収を妨げてしまう可能性があります。できるだけ水と一緒に飲むことをおすすめしています。またお茶の成分も同様、効果を半減させてしまう他、体への吸収を妨げてしまう可能性があるので避けましょう。ブルーベリーのサプリは、湯ざましで飲みくだすと体の中でしっかりとけて吸収されやすいですよ。
生のブルーベリーを食べるだけではいけないのでしょうか?
生や冷凍販売のブルーベリーがあります。またジャムなども販売されていますね。サプリメントに加工されていない生のブルーベリーを食べていれば問題ないのでは?と考える方もいるようです。ブルーベリーだけで目の健康を守ろうとすると1日に300~600gほどを摂取する必要があります。これは現実的に無理ですね。またジャムの場合は90グラム。砂糖が思った以上に含まれているのでこれでは、体に悪影響を及ぼします。そのため成分がしっかり濃縮されているサプリメントをおすすめしているのです。

ブルーベリーサプリメントの副作用とは?

ブルーベリーのサプリメントを摂取することで、思わぬマイナスの要素を被る可能性があります。ブルーベリーサプリメントの副作用等に注目しました。

基本的にはブルーベリーに副作用は無い

ブルーベリーのサプリメントは、もともとが食品という位置付けなので体に影響を及ぼすような副作用はほぼありません。体に取り込まれたアントシアニンは体に蓄積されることなく体外に排泄されるので、不安に思うことはありません。パソコンを使う機会が多い30代前後の方はもちろん、小さなお子さんや高齢者にも安心して使っていただけます。毎日飲み続けられるものを選んでくださいね。ただし、相乗効果を狙ってビタミン群などを添加している場合があります。ビタミン摂取過剰の状態に陥ることがないよう1日の摂取目安を守って使いましょう。

沢山摂取したからといって効果が高まることは無い

ブルーベリーのサプリメントの中に含まれているアントシアニンやルテインなど目に良い成分は、水溶性成分ですので体に蓄積されることはありません。体の中には24時間ほど滞留していますが、その後排泄されます。中にはたくさん摂取したから目がよくなる!と信じ込む方もいるようですが、これらの成分は、体に必要な分だけが吸収され不要な分は排泄される仕組みとなっています。つまり一度にたくさん摂取しても、余剰分は排泄されてしまうので意味がないのです。サプリメントの1日の摂取目安量を守るとともに、栄養バランスがとれた食事を3食とることで、健康はほぼ守られます。

下記に該当する方は使用に注意が必要

妊娠中の方
ブルーベリーサプリには副作用がないと言われていますが、β-カロテンやビタミンAが含まれているブルーベリーサプリは、妊娠中の女性は控えた方が無難です。特にビタミンA過剰による胎児の発育不足が懸念されます。β-カロテンは体内でビタミンAに変換され体内での不足分を補う働きをしているので、更なる摂取は不要と考えられます。できるだけ食から適切な方法でビタミンAを摂取するようにしましょう。サプリではなく、生のブルーベリーを数粒食べることをおすすめします。
下記の薬を服用している方
ブルーベリーに含まれるポリフェノールには、血糖値上昇を抑制する効果もあるとされています。そのため、糖尿病で治療を受けている方、血糖値を下げる効果があるお薬を飲んでいる方はブルーベリーのサプリメントを避けることをおすすめします。ブルーベリーのサプリメントは食品ですし弊害は少ないと考えられますが、海外ではブルーベリーエキスは血管障害や眼精疲労に効果がある医薬品として取り扱われています。サプリメントの含有量は医薬品となりうるレベルではありませんが、注意に越したことはありません。

TOPボタン